夏至のStonehenge

去年の冬至に続き、夏至のStonehenge(ストーンヘンジ)へ。
交通渋滞を懸念して、AM0:00過ぎに出発。一番近い駐車場に車を止めることができた。

朝は気温6°Cと寒く、吐く息も白い。

冬との大きな違いは出店がいくつか出ていて、神聖な気配というより賑やかな雰囲気。

石の周りはサンセットを見届けた人たちが、一晩過ごしたような痕跡が。

Stonehenge(ストーンヘンジ)は紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えられている先史時代の遺跡。数年前から遺跡保護のため、サークル内は立ち入り禁止になり、遠くからしか見ることができないが、夏至・冬至・春分の日・秋分の日は自由開放され、直接石に触れることができるのだ。

ある者は石に触れ、ある者は祈り、

ある者は歌い、ある者は踊る。

思い思いに夏至の太陽を待った。

朝が来ることがこんなにも素晴らしいことかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA