英語で「めっちゃ暑い!」

7月に入ってから、Bristolでちゃんとした雨が降ったのはまだ1日だけという奇跡。

今日はこの夏一番の暑さで、気温は32℃にまで上がり、日陰のひんやりとした涼しささえ感じられなかった。

写真はBristol Prideの時に西陽にカメラを向けていたら、通りすがりのおにぃさんがポーズを決めてくれた一枚。後ろのSeagull(カモメ)もいい感じ。

今日みたいな日は「I’m boiling! 」がぴったり。boilingは”沸騰している”という意味で、沸騰しているみたいに暑い!ということ。

寒すぎる時は「I’m freezing! 」freezingは”凍っている”という意味で、凍りそうなくらい寒い!という意味。

ちなみに、天気に関係ないですが自分の体が火照っていて熱い時に使うのが「I’m on the fire.」

どれも覚えやすい表現だと思う。

心地いい暑さの時、ニュースのお天気キャスターの方もTVで言っていて面白かったのが

「scorchio!」(スコッチォ)

その響きの通り、ポルトガルの気候のような心地良さの時に使うよう。正式な単語はなく、このイギリス人のギャグが由来だとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA